Amazonプライム・ビデオ

プライム・ビデオ

 Amazonプライム・ビデオとは?

Amazonプライム・ビデオはAmazonが展開するインターネットビデオ・オン・デマンドサービスのことです。

テレビ番組や映画をレンタルしたり購入したりすることができます。

他社の制作作品に加えて、オリジナルの独自配信のコンテンツを配信しています。

 Amazonプライム・ビデオの料金プラン

Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム会員になると利用することができます。

Amazonプライム会員の年会費は税込3900円となっており、それを12で割ると月額325円と業界最安値の料金設定になっています。

1年間の契約となるため、会員期限終了日を忘れて契約が自動更新になることがないよう、事前に解約日を設定することができるようになっているのも特徴です。

すぐに解約したい場合、サービスを全く使っていないなら、年会費を日割りで返金してくれるようにもなっています。

プライム会員には、前述の年間プランと月間プランがあり、月間プランだと月額税込400円となっています。

また、学生限定の学割プラン「Prime Student」もあります。

この学割プランは年会費1900円という破格で、1か月あたりに換算すると159円になります。

通常価格でもかなりコスパが良いですが、Prime Studentになると月々飲み物1本買うのと同じ値段で楽しむことができるお得なプランになっています。

しかも、価格は下がっても利用できるAmazonプライムの特典はすべて同じです。

注意ポイント

31年4月12日からプライム会員料金が値上げされました。

年会費3900円→4900円

月会費400円→500円

Prime Student年会費1900円→2450円

Prime Student月会費200円→250円

値上げされたとはいえ、月100円ですし、まだまだVOD業界ではトップクラスのコストパフォーマンスだと思います。

普段Amazonでお買い物をする方なら尚更です。

>>Amazonプライム会員の詳細はこちら

 Amazonプライム・ビデオが強いジャンル・弱いジャンル

どの動画配信サービスでもオリジナルの作品に力を入れていますが、プライムビデオでもアメリカで作られたオリジナル作品だけでなく、日本独自のタイトルも制作しています。

プライム・ビデオ限定作品に加えて、AKB48グループの動画は大量に見ることができるため、AKB48ファンの皆さんにとっては、これ以上ないサービスといえます。

オリジナル作品に加えて、外国映画やドキュメンタリ、ホビー・実用、キッズ・ファミリーなども強いジャンルといえます。

他にも、日本映画、アニメ、ミュージック、テレビドラマ、お笑い・バラエティ、ステージ、スポーツ・フィットネス、アイドル、なども扱っています。

テレビドラマはアメリカドラマと日本ドラマで半数以上を占めていますが、そのうちアメリカドラマが占めている割合が多く、国内やアジアのドラマに関しては弱いジャンルといえるかもしれません。

また見逃し配信もありますが、他の動画配信サービスと比較すると見放題のコンテンツが少ないのが現状です。

Amazonプライム・ビデオの特徴・メリット

オリジナルコンテンツの充実

約80作品もの様々なオリジナルコンテンツを作成しており、「アマゾンズ」や「HITOSHI MATSUMOTO presentsドキュメンタル」などクオリティの高い作品があります。

Amazonならではのレコメンド機能

動画選択後に表示されるレコメンド一覧が適切で関連したものが多いです。

これは、Amazonが膨大な量の顧客データを持っているがゆえに出来るレコメンドであり、視聴意欲を掻き立てるセレクトとなっています。

字幕設定を変更可能

字幕の文字の大きさの変更や、網掛けにしたり、黒字に黄色い文字にするなど、様々な設定に変更できます。

再生中の画質変更が容易にできる

動画を視聴中であっても画質のレベルを変更できます。画質レベルは、「良い」「ベター」「ベスト」の3つの中から選ぶことができます。

Wi-Fiなどネット環境が整っているところでは、「ベスト」を選び高画質で視聴し、通信環境のあまり良くないところでは「良い」を選んで画質を落としてスムーズに見れるようにするなど、調整可能です。

再生画面の操作性の高さ

操作ボタン一つ一つが大きく、「停止」「10秒送り」「10秒戻し」が画面の中央に配置されているのも操作しやすいポイントです。

作品のデータをキャッシュ保存しオフライン視聴可能

IosデバイスやAndroid携帯、Fireタブレットをお持ちの場合、作品のデータをキャッシュ保存して、オフライン環境でも視聴が可能で、高速通信データ量を使わずに、外でも動画を楽しむことができます。

保存することのできる作品本数は25本までで、25本保存した状態で、新たな作品を保存したいときは、既に保存してある作品の中なら削除できる作品を選んで削除してから保存することができます。

作品に関するレビューのクオリティの高さ

カスタマーからのレビューの質が非常に高く、次の作品を選ぶ際の判断材料になります。

見たい作品が特に見つからない時は、レビュー数が多い作品をチェックしてみるのも良いでしょう。

作品を視聴した後に、他の人がどんな評価をしているのかをチェックするのも楽しいかもしれません。

Amazonプライムのサービスが使い放題

Amazonプライム・ビデオは、会員制サービスのAmazonプライムのコンテンツの1つですので、Amazonプライムのサービスを全て利用することができるのも特徴です。

同時視聴3台まで可能

アマゾンアカウント1つに対して、同時に3台まではストリーミング再生が可能です。

Amazonプライム・ビデオの気になる点・デメリット

タイトルの入れ替えが頻繁

これはメリットでもありデメリットでもある点ですが、タイトルの入れ替わりが非常に多いです。

つい最近まで特典対象の無料で視聴できると思っていた作品が、気が付いたら対象外になっていたということもあるので、頻繁に確認する必要があります。

気になる作品は保留にせずに早めに視聴していくことをおススメします。

2話目から有料という設定が多い

これはAmazonプライムビデオだけのデメリットではなく、他社でもよくあることですが、1話目は無料対象で2話目以降が有料という少々いやらしい料金設定がよくあります。

検索機能が弱い

スマートフォン向けのアプリやSTBではジャンルを細く設定しての検索ができません。

見放題動画のラインナップが乏しい

特に国内ドラマやアニメなども含め、全体的にまだまだ少ない印象を受けます。

画質が低い

Amazonプライム・ビデオで見れるほとんどの動画が、HDの高画質ではなく、SD画質のため、画質にこだわりのある方にとっては見ずらいのが現状です。

アダルトなし

これもメリットでもある点ですが、Amazonではアダルト見放題に限らず、アダルト作品の単品レンタルも不可能となっています。

Amazonインスタント・ビデオでは、アダルトカテゴリー商品の取り扱いを終えています。

検索時に通販商品がヒットしてしまうことも

Amazonプライム・ビデオはAmazonによるサービスのため、通販サイトからも作品を検索できます。検索時にカテゴリーを「プライム・ビデオ」に設定しておかないと見放題作品以外の通販商品が表示され、目的の作品をチョイスしにくくなってしまいます。

 Amazonプライム・ビデオにおすすめな人は?

コストパフォーマンスが高いので、動画視聴にお金はかけたくないという方におススメです。

それほどラインアップなどにこだわりは無いが、何となく動画を見たい、でも安く済ませたいという方にとってピッタリなサービスといえるでしょう。

また、AKB48 ファンの方にとっても、これ以上にない充実したラインナップとなっています。

新作に関してはそれほど充実しているとは言えないのが現状ですが、質の高いオリジナル作品や掘り出し物的な作品を見つける楽しみがあり、タイトルの入れ替えが頻繁にあるので、コスパよく幅広い作品を見てみたい方にとってはピッタリのサービス内容といえるでしょう。

また、月に一回以上Amazonで買い物をする人はそれだけでもとが取れてしまうので、Amazonプライム会員になることをおすすめします。
>>Amazonプライム会員の詳細はこちら

Copyright© VOD-HACK , 2019 All Rights Reserved.