TSUTAYA TV

TSUTAYA TVとは?

TSUTAYA TVは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)株式会社が運営している定額制の動画配信サービスです。

もともとは株式会社アクトビラが2007年に開始したサービス「アクトビラ」の中で、2008年から開始されたサービスが始まりとなっています。

2010年に他サービスとの連携の不自由さを理由にアクトビラからサービスを独立させました。

TSUTAYAのサービスとしてTSUTAYA DISCASというものがありますが、その違いはTSUTAYA TVが動画配信サービスなのに対し、TSUTAYA DISCASはネット宅配サービスつまりDVD、BD、CDを自宅に郵送して視聴してもらうサービスという点で大きく異なっています。

TSUTAYA TVは他の動画配信サービスと同様に、スマホやタブレット、パソコン、インターネットに接続可能な液晶テレビやブルーレイレコーダーを用いて簡単に視聴することができます。

TSUTAYA TVの料金プラン

月額は税抜きで933円の動画見放題プランと月額税抜きで2381円の月額見放題フルプ
ランがあります。

どちらのプランでも毎月1080円分のポイントがもらえますが、このポイントで新作2本分を見ることができます。

標準的な動画見放題プランでは、約3700作品の動画を視聴することができます。

月額見放題フルプランでは、成人向けの動画が50,000本以上視聴できますが、一般作品は見放題ではないので、追加料金がかかります。

どちらもPPV(ペイ・パー・ビュー)方式を採用しているため、見放題作品以外の新作動画などは課金して視聴する必要があります。

これらに加えて、TSUTAYA DISCASとセットになった動画見放題&お店で借り放題のTSUTAYAプレミアムというプラン(月額税抜き1,000円から)があります。

これは、旧作DVDなどをお見せで借り放題できるTSUTAYA DISCASのプランと新作・準新作以外の動画見放題であるTSUTAYA TVのプランを合わせたもので、それぞれを別々に契約するよりもかなりお得なプランになっています。(TSUTAYAプレミアムは店舗によって料金が異なるため注意が必要です)

このTSUTAYA DISCASが付いた30日間の無料お試し期間を利用して判断材料にすることもできます。

さらに、借りた分だけ料金を払う「都度レンタルプラン」があります。

月に1,2枚程度しか視聴しなくて良いという方なら、このプランで良いかもしれません。

TSUTAYA TVが強いジャンル・弱いジャンル

洋画や邦画を中心として、アニメや韓流ドラマ、またアジアテレビドラマに海外テレビドラマ、さらにアダルトなどのジャンルを扱っています。

新作というよりも過去の様々な名作などのラインナップのほうが充実しているかもしれません。

TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASを併用して利用できるTSUTAYAプレミアムのサービスなどを利用すると、より幅広いジャンルの動画を視聴することができるようになります。

その際TSUTAYA DISCASに関して言えば、店舗のより取り揃えている作品の品揃えが異なるため、特に地方店舗の場合は品揃えといったサービス内容をあまり期待できないこともあります。

TSUTAYA TVの特徴・メリット

無料お試し期間

TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASがセットになったプランを30日間無料で試すことができます。その後は解約することもできますし、TSUTAYA TVの動画見放題プランか、TSUTAYA DISCASの定額レンタル8というプラン、もしくはそのセットになったプランのいずれかに継続することもできます。

毎月貯まる動画ポイント

毎月動画ポイントが付与されていくので、このポイントを活用して新作を含め毎月2本の有料動画を実質無料で視聴することができます。

無料トライアル時も貰えるポイント

通常無料トライアル時はポイントが貰えないか、貰えたとしても半分などですが、TSUTAYA TVでは30日間の無料トライアル時でも通常と同じ1080ポイントが付与されます。

アカウントを連携することによって貯まるTポイント

動画購入の際にTポイントを貯めることができます。

設定方法は、マイメニューから会員情報の確認をクリックし、マイページ内のTポイントをためるという欄の「今すぐTポイントをためる」をクリックし、Yahoo!JapanIDもしくはT-IDを入力すれば完了です。

映像プリペイドカード

TSUTAYAの店舗で販売されている「映像プリペイドカード」を購入し、TSUTAYA TVでカードに書かれたPINコードを入力すれば、購入した作品をいつでも好きな時に見ることができます。

TSUTAYA TVの気になる点・デメリット

見放題の作品数の少なさ

用意されている映像作品は15,000本以上ありますが、その多くは都度課金されるPPV方式の対象となっています。課金せずに観れる作品は3,500本程度となっています。

見放題作品は吹替か字幕どちらかのみ

見放題作品の中の海外作品は、表示が字幕か吹替のどちらかのみで、両方選択することができません。

有料動画では両方設定することができます。

解説やあらすじが完成されていない

動画の説明表示の欄が「解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です」と表示されているものが多いです。

高画質の作品が少ない

動画のほとんどが標準画質(SD)です。スマホなど小さな画面で見る分には、それほど問題ないかもしれませんが、パソコンやテレビなど大きめの画面で見る際に画質の粗さが気になるかもしれません。

ラインナップの乏しさ

最新の有名作品のラインナップが少なく、マイナーな作品や旧作が多い印象を受けます。

無関係の動画を関連動画として表示

関連動画としてYou Tubeにアップされている予告動画が挙げられていますが、無関係なものが挙げられていることが多いです。

有料動画を関連商品として勧める

関連作品のページにアップされている動画のほとんどが有料動画のためイメージダウンに繋がりかねません。

サイトの使いずらさ

特にモバイル用のアプリのデザイン見づらく、分かりにくいので視聴意欲を向上させずらい要素となりえます。

検索中に「リダイレクトが繰り返し行われました」といったエラー表示が出ることもあり、サイト内での閲覧や検索がスムーズにいかないこともあります。

アプリのユーザーインターフェースの改善を図ることによって今後の評価のアップが見込まれると思われます。

Fire TV Stick未対応

通常テレビがネットサービスに対応していない場合に、Fire TV Stickを使うと動画配信サービスがテレビでも見られるようになりますが、TSUTAYA TVでは今のところFire TV Stickが対応していません。

他の動画配信サービスを行っている会社では対応しているところが多いので、余計に不便さを感じてしまう要因になりえます。

TSUTAYA TVがおすすめな人は?

レンタルDVDなども動画視聴サービスも両方お得に利用したいという人にとってはTSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASのセットプランがおすすめです。

二つのサービスのメリットをお得に活用することができます。

例えば、このプランを利用することによって、見たい作品が動画見放題サービスに含まれていない場合に、DISCASの中から作品を探して借りることができます。

まずは31日間の無料お試しプランで試してみて検討してみるのも良いでしょう。

また、裏技的な方法ですが、海外やアジアなどの連続ドラマは見放題カテゴリーに分類されているのにレンタル料が表示されているのは何故かと疑問に感じられる方も多いようですが、全巻パックで見ようとすると有料表示ですが、さらにカーソルを下げて1話ずつレンタルする欄を見ると見放題サービス内で無料でレンタルすることができます。

店舗と違って1話ずつ借りていたら、他の巻が借りられてしまうということもないので、慌てる必要はありません。それで、連続ドラマ好きな方にとってもお得なサービスということができます。

Copyright© VOD-HACK , 2019 All Rights Reserved.