【2018】人気動画配信サービス会員数ランキング!人気ナンバー1はどこ?

今大人気の動画配信サービス(VOD)。

Huluを始め、多くの動画配信サービスがテレビCMでも流れていますよね。

動画配信サービスを決める基準に、「会員数」を参考にする方もいると思います。

今回は、人気の動画配信サービスを会員数でランキングにしてみました。

尚、古いデータしか無いものもありますので、およその数値だと思って下さい。

人気動画配信サービス会員数ランキング

この記事に記載している作品の配信情報は30年9月29日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各動画配信サービスのホームページもしくはアプリをご確認ください。

1位 dtv

dtv

会員数1位は「dtv」で400万人です。

dtvは、月額500円で12万もの作品数を見ることが出来る、国内最大級の動画配信サービスです。

一時期は会員数500万人を突破していたことを考えると、他の動画配信サービスにシェアを奪われ始めているのでしょう。

dtvの会員数が多いのは、ドコモのスマホとセットで割引になるキャンペーンなどがあり、dtvに登録する機会が多いのが1つの要因だと思われます。

契約は、ドコモユーザー以外でもできます。

動画配信サービス市場が右肩上がりなのに、dtvの契約数が落ちてきている原因としては以下が挙げられます。

  • ドコモの契約数が減っている
  • 他の動画配信サービスが増えている
  • 他の動画配信サービスの内容に負けている

ドコモのシェア率は年々下がってきています。

MVMO(格安sim)の普及に伴って、キャリアから移行する人が多くなっていますからね。

また、dtvは他の動画配信サービスのコンテンツ内容に負けている感が強いです。

作品数も、音楽作品なども1作品としてカウントされており、純粋に見放題の映画やドラマの数はそこまで多くありません。

また、特別強いジャンルもないので、他と差別化しにくいというのもあります。

とはいえ、月額500円という業界最安値の料金なので、見たい作品が少しでもあればレンタルDVDを借りに行くよりもお得になります。

また、他の動画配信サービスと併用しても金銭的負担が軽いというメリットもあります。

大手なのでこれからどんどん良くなってくるでしょうし、月額500円と破格なので、少しでも見たい作品があれば登録しても良いと思います

初回31日間無料おためしもやっています。

2位 Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

会員数2位は、「Amazonプライム・ビデオ」で300万人です。

プライム・ビデオは他の動画配信サービスとは少しタイプが違います。

プライム・ビデオは、Amazonプライム会員になることで利用できるようになります。

なので、プライム会員目的の方も多いと思うので、会員数で動画配信サービスとしての人気を計ることはできません。

プライム会員の中には「え?プライム・ビデオも見れるの?」という人もいるのではないでしょうか。

実際、それほどAmazonプライム会員のメリットは凄いんです。

>>Amazonプライム会員は超お得!プライム会員の料金やできることまとめ

Amazonプライム会員の料金は、1ヶ月と年契約があります。

  • 1ヶ月400円
  • 年間3900円(月換算で325円)

月325円で、Amazonプライム会員だけでもオトクなのに、プライム・ビデオまで見れるというのは驚きですよね。

肝心のプライム・ビデオの特徴です。

見放題動画数は「総動画本数は5万本」ですが、そのうち「見放題本数は1万5千本」です。

他の人気動画配信サービスに比べると大分少ないです。

実際にプライム・ビデオを利用してみると、「これも有料かよ!」と思うことが多いです。

しかし、プライム・ビデオはオリジナル作品の人気が高く、「松本人志のドキュメンタル」や「AKB48」などが見れるのが特徴です。

見放題作品数は少ないですが、オリジナル作品が面白く、ジャンルもバランスが良いです。

さらに、月額325円と格安で1ヶ月無料トライアルもあるので、Amazonで買い物をする方は絶対に入るべきでしょう。

このままAmazon自体の業績が伸び続ければ、プライム・ビデオのコンテンツもどんどん良くなっていくでしょう。

3位 U-NEXT

U−NEXT

会員数3位はU-NEXTです。会員数は非公開。

U-NEXTの会員数は非公表ですが、2017年の調査による「国内シェア第3位」というデータを公開しました。

2位のプライム・ビデオの会員数が300万人で4位のHuluが170万人なので、U-NEXTの会員数はおよそ200万人ほどだと思われます。

U-NEXTは月額1990円と高めですが、豊富なコンテンツとお得なポイントシステムで順調に会員数を伸ばしています。

U-NEXTは国内最大の13万作品以上の動画があります。

そのうち見放題作品は8万本ですが、それでも十分過ぎるほどの本数ですね。

ジャンルもバランスが良く、特に新作や韓国ドラマに強いです。

また、アダルト作品を扱っているのも特徴です。

雑誌の読み放題や、コミックの販売も行っています。

月額料金が1990円と動画配信サービスの中では高めですが、豊富なコンテンツと、毎月もらえるポイントがあるので、決して高いということはありません。

U-NEXTは、誰にでもオススメできる動画配信サービスはですが、韓国ドラマやアダルト系を見たい人に特にオススメです。

U-NEXTも31日間無料お試しをやっています。

4位 Hulu

Hulu

4位は「Hulu」で、会員数は170万人です。

Huluも順調に会員数を伸ばしています。

Huluの月額料金は933円で、作品数は5万本です。

Huluの人気の要因は、月額料金だけですべての作品が見放題」というシンプルで分かりやすいことと、海外ドラマに強いということでしょう。

海外ドラマだけじゃなく、様々なジャンルの作品があり、子供向け作品も豊富で家族全員で楽しめます。

有料作品が無いことは思っている以上に快適です。

高画質で操作も分かりやすいので、初心者にもオススメの動画配信サービスです。

Huluは2週間トライアルキャンペーンをやっています。

番外編

ここからは、会員数が非公表の動画配信サービスや、ジャンルに特化した動画配信サービスを紹介します。

Netflix

Netflix

Netflixはアメリカの動画配信サービスで、2015年に日本でサービスが開始されました。

世界ではトップクラスの会員数を誇るNetflixですが、日本での会員数は非公表です。

日本でサービスが開始されたのが遅いですが、テレビCMなども放送され、徐々に会員数を伸ばしています。

Netflixの月額料金は3種類

  • 800円 SD画質
  • 1200円 HD画質
  • 1800円 4k画質

世界では大人気のNetflixですが、日本での評価はあまり良くありません。理由は以下

  • 料金プランが多い
  • 日本の作品が少ない
  • オリジナル作品が多い
  • 使いにくい

料金プランが多いのは、知識がない人からするとどれが良いのかわからず、登録に踏み切れない原因になります。

また、登録前に作品を確認できないのもダメなところです。

日本の作品は少なく、主に海外作品とNetflix制作によるオリジナル作品に力を入れているのが特徴です。

オリジナル作品に莫大な制作費をかけている影響からか、2018年の9月に料金を値上げしました。

大抵の人は、オリジナル作品ではなく有名な作品を見たいので、オリジナル作品に力を入れているNetflixは微妙なのかもしれません。

Netflixも1ヶ月無料体験をやっているので、どんな作品があるのか調べてみるのも良いと思います。

FODプレミアム

FODプレミアム

FODプレミアムはフジテレビ系の動画配信サービスです。

会員数は非公表ですが、アプリが700万ダウンロードというデータがあります。

  • 月額料金は888円
  • 総動画数は4万本(見放題は2万本)

FODプレミアムは、フジテレビのドラマやアニメなどの作品に強いのが特徴です。

逆に、それ以外のジャンルは弱く、特徴がはっきりしている動画配信サービスといえます。

FODでは、期間限定で無料の見逃し配信をやっているので、ダウンロード数はそれ目的の利用も含まれます。

また、100位上の人気雑誌の最新号の読み放題もやっているので、毎回雑誌を購入している人ならそれだけで元が取れます。

これから一気にFODプレミアムの会員数が増えることは無いかもしれませんが、ドラマ好きの方は多いので、これからも安定した会員数を維持していくと思われます。

FODプレミアムも1ヶ月無料キャンペーンをやっています。

DAZN

DAZN

DAZNはスポーツに特化した動画配信サービスです。

会員数は、DAZN for docomoだけでも100万で、2017年7月で合わせて100万人突破しました。

  • 月額料金は1750円
  • ドコモ利用者だけの「DAZN for docomo」は月額料金980円

DAZNはスポーツに特化した動画配信サービスなので、Huluなどとは比較することはできませんね。

一つだけ言えることは、「スポーツ見るなら絶対DAZN」ということです。

サッカーは、J1・J2・J3・チャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグ・欧州リーグなどなど。

他にも野球・バスケ・フットボール・F1・モータースポーツ・自転車・テニス・プロレス・ボクシング・格闘技など、ほぼ全てのスポーツが見れると言っても過言ではありません。

DAZNがJリーグの放映権を獲得したことで、スカパー!の契約者数が激減しているそうです。

これからは間違いなくDAZNの会員数はどんどん増えていくでしょう。

「スポーツ見るならDAZN」で間違いないです。

DAZNも1ヶ月無料キャンペーンをやっています。

dアニメストア

dアニメストア

dアニメストアは、その名の通りアニメに特化した動画配信サービスです。

会員数は、2015年時点で200万人突破というデータがあります。

  • 月額料金は400円
  • 作品数は2400位上

似たような動画配信サービスに「アニメ放題」というサービスがありますが、料金は同じですが、作品数は圧倒的にdアニメストアの方が多いです。

なので、「アニメ見るならdアニメストア」で間違いないです。

アニメファンはどんどん増えているので、dアニメストアの会員数も減ることはないと思われます。

ただ、HuluやU-NEXTにもそれなりにアニメはあるので、特定の作品だけ見たいのであればdアニメストアにこだわる必要はないかもしれません。

月額料金400円なので、他の動画配信サービスと併用するのもありだと思います。

dアニメストアも31日間無料キャンペーンをやっています。

まとめ

会員数が多ければ儲かっているということなので、コンテンツが増える可能性が多くなるかもしれません。

ですが、今回紹介したような大きな会社であれば、あまり気にする必要はないと思います。

どのサービスも無料キャンペーンをやっていますので、深く考えずにお試し体験してみましょう。

Copyright© VOD-HACK , 2019 All Rights Reserved.